■プロフィール

パラソル句会

Author:パラソル句会
パラソル句会は、50歳までを対象とした若い世代の句会です。指導は西村和子先生から井出野浩貴さんに引き継がれましたが、変わらず毎月第2土曜日の午後に池袋近辺の会場で句会をしています。また、偶数月はインターネット句会を楽しんでいます。お気軽にお問合せください。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■問合せフォーム

お問合せはここからお願いいたします。また、ご感想などがありましたら、是非お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

句会(2018年3月)
3月の句会のご報告です。
今月は第3土曜だったせいか出席者は7名と少な目でした。
少ない人数ではありましたが、いろいろと発見のあった句会でした。

参加者の一句(含欠席投句)
放ちたる犬を遠目に土筆摘む    浩貴
卒園の顔を真つ赤に唄ひけり    佳世子
迷ひ来てステーキランチ鳥曇    林檎
春の宵花茶ゆるゆる開きゆく    志帆
春風に我が輪郭の溶け出しぬ   千晴
ママ誕生日手帳の文字の暖かし  玲子
卒園の子の弁当を作りけり    礼美
手足より先に声出せ寒稽古    あき子
春寒し交換日記絶えしまま     ひより
涅槃図の猫がお目当て真如堂   紀子
床の間に朝日さしたる雛かな   味千代
あきらめの悪き一羽よ囀れる   真理子


次回は4月14日(土)14時~ エポック10第1研修室 です。
第2土曜日に戻りますので、お間違えないようお願いいたします。

吟行の日にちが決まりました!
3月25日(日)13時 小石川後楽園の入口に集合です。
ご都合つく方は是非いらしてください。



句会 | 14:56:24 | トラックバック(0) | コメント(2)
句会は3月17日です!
今月は第3土曜日が句会です。
句会場もいつもと違いますのでお間違えないようお願いいたします。

3月17日(土) 14時~
東京芸術劇場 6階 ミーティングルーム6



お知らせ | 10:26:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
第42回インターネット句会(2018年2月)
2月のインタネット句会の結果です。
今回は、15名参加で投句数は128句でした。

井出野浩貴選
特選句

続々と離陸着陸旅始       麗加
ふらここを漕げば漕ぎ方思ひだす 麗加
一瞬の黙雪女郎過りたり     林檎
着ぶくれて取り出す古文単語帳  真理子 
的を射ぬ電話相談春寒し     ゆかり
入選句
寒月やわが胸中に鬼眠り       林檎
どんど火を背ナに一献漢どち     依子
スキー靴履けばロボットめきにけり  真理子   
靴の跡より冬草の立ち上がる     栄子
完璧な三つ折り紙幣お年玉      麻美
カフェ一歩出づや雪女郎に戻る    林檎 
火の粉追ふ火の粉どんどの火の猛り  依子  

上句から下句まで三回、
畳みかけるように火の粉が出てきて、
最後は猛りだという。
どんどの勢いがよく表れていると思いました。(ひより)
寒柝の母の一打の遅れがち      志奈   
緊張のレッスン室に悴みぬ      あき子
兄笑ふから笑ひたる初笑ひ      味千代
炬燵より顔出し小言聞いてをり    志奈 
ゆつくりと歩む参道寒日和      真理子
甍より光放たれ冬青空        志奈
病棟の絵画真直ぐ春寒し       ゆかり
鬼やらひ老いたる父の声響き     睡
冬深し寝入りたる子を抱きかかへ   章子

寝てしまった子を運んだのも懐かしい思い出。
あっという間に子は重くなり、途中で落としたり、ずり落ちたり、
起こすしかなくなる重さはすぐにやってきます。
運ぶの重いでしょうけれど可愛くて羨ましいです。
ママ頑張って!!(紀子)
そつくりの姉と妹あたたかし     栄子
江の奥の家に眠りて霜の声      依子
受験番号見つけ巷の音戻る      麻美

合格発表の紙が張り出され、人だかりの中、
受験番号を見つけるまでの緊張と、
見つけてからのほっとした様子が伝わってきます。(あき子)
春浅し色とりどりの豆カレー     麗加    
木々や花々は眠り半ば。まだ何色にも染まっていない早春の自然界。
そんな時期だからこそ、白いお皿の上の豆の色が
ひときわ目をひいたのでしょう。(香奈子)
スキーバス降りて他人に戻りけり   真理子
同じ目的で同じ場所にいたバスの同乗者たちにはひ
そかな連帯感が確かに存在していた。
しかし終着場所に到着し、バスを下車した途端に
各々は帰宅へ向けての行動を黙々と始めるのだ。
そして挨拶も何もなくその場を立ち去って行く。(麻美)

互選で人気のあった句をご紹介します。
「禁酒」の字少々曲がる筆始     志奈
寄せ書きのペンのいろいろ浅き春   ゆかり
「ゆうき」てふ筆跡しかと春を待つ  真理子


次回の締切は4月5日です。
みなさんの参加をお待ちしています。

インターネット句会 | 22:21:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
選句結果おくりました
インターネット句会のみなさまには、選句の結果をお送りしました。
届いていない方は、お知らせ願います。

お知らせ | 09:32:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
パラソル句会(2018年2月)
2月10日(土)の句会。
寒さが少し和らいだせいか、暖房の効いた部屋の中は少し暑いくらいでした。
今日は8名が集まりました。

参加者の一句(含欠席投句)
名画座の狭き厠の余寒かな    浩貴
春めくや同級生にふと気づき    玲子
Vの字の洗濯ばさみ鳥雲に    徳将
薄氷の欠片光を放ちけり    志帆
をさなき手寒の水もて清めけり  実代
薄つぺらな紙かもしれぬ冬の月   千晴
嫌はるること厭ふまじ梅の花   林檎
大寒や二番太鼓の音高く    味千代
二月礼者日蔭でも咲く花提げて  紀子
新しきクレヨンに春立ちにけり    礼美
電線の緩み撓みも春隣   あき子
校庭の隅から隅へ雪解風   ひより<
春めくやオーボエのソロ伸びやかに  真理子/span>

次回の句会は
3月17日(土)14時~ 
東京芸術劇場 6階 ミーティングルーム6

第3土曜日なので、お間違えないようお願いします。

吟行の日にちも決まりました。
3月25日(日) 午後
集合時刻・場所は、決まり次第お知らせします。


句会 | 20:37:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad