FC2ブログ
 
■プロフィール

パラソル句会

Author:パラソル句会
パラソル句会は、50歳までを対象とした若い世代の句会です。指導は西村和子先生から井出野浩貴さんに引き継がれましたが、変わらず毎月第2土曜日の午後に池袋近辺の会場で句会をしています。また、偶数月はインターネット句会を楽しんでいます。お気軽にお問合せください。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■問合せフォーム

お問合せはここからお願いいたします。また、ご感想などがありましたら、是非お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

第45回インターネット句会特選句について
先日のインターネット句会の特選句について、國領麻美さんが鑑賞を書いてくださいました。

波かぶる前に泣き出す水着かな  あき子
よちよち歩きの子どもが、小さな水着を着せられて海水浴デビューである。興味津々な様子で海へぱしゃぱしゃと足を踏み入れる。そこへ白く波頭が立ち上がって近づいてきた。びっくりして突っ立ったまま大泣きの子ども。すぐさま抱っこする父。周りは皆、笑っている。波打ち際のひとコマを描写した。

先生の一燈消えずキャンプの夜  栄子
キャンプの消灯時間は早い。興奮していつまでもしゃべっている子ども達を叱りつける先生。「一喝にやうやく眠るキャンプかな 栄子」しかし先生の仕事はこれで終わりではないようだ。闇と静寂のキャンプ場に一つだけいつまでも燈っているテント。「先生の一燈」とは密やかな明るさをイメージさせる秀逸な表現だ。

銀座今二十一時や鐘涼し  林檎
いつだってちょっと特別な街、銀座。買い物をしてゆっくりと食事をして外へ出た。夜風が気持ち良い。時刻を知らせる鐘が聞こえて、見上げると大きな時計が指している時刻はちょうど9時。まだ9時。夜9時の銀座に私はいる。静かな喜びが湧いてくる。銀座という街だからこそ「涼し」く鐘が聞こえるのである。

燃えさしを蹴る少年よキャンプ果つ  栄子
男子とはすぐに何かを振り回す、投げる、蹴る、習性があると感じているが、そういうことを表現しているのではない。この少年はなぜたき火の燃え残りを蹴ったのだろう? キャンプが終わるに際しての鬱屈だろうか。見つけた燃え残りを消火しようとしただけか。なにげない行為を見事に捉えた一句である。

夏めくやロングシュートの砂ぼこり  香奈子
ロングシュートとなったボールが砂ぼこりとともに転がっていく。その砂ぼこりに気づいて夏らしくなったと感じている。少年サッカーとか部活動とかを、観戦している立場からの視点である。青い空、白く厚い雲、まぶしさを増す太陽、グランド脇の雑草、選手達の汗、情景を一度に想像させる広がりを持った句。


インターネット句会特選句鑑賞 | 00:20:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
第45回インターネット句会(2018年8月)
8月のインターネット句会には14名参加、出句は114句でした。

井出野浩貴選
特選句

波かぶる前に泣き出す水着かな     あき子
先生の一燈消えずキャンプの夜    栄子
銀座今二十一時や鐘涼し        林檎
燃えさしを蹴る少年よキャンプ果つ  栄子
夏めくやロングシュートの砂ぼこり   香奈子
入選句
末つ子のボールも加へキャンプの荷   栄子 

末っ子が離さないお気に入りのボール。
荷を運ぶおとなは大変。
それもひっくるめて楽しくて思い出深いキャンプになったのでしょうね。(睡)
手裏剣のやうに飛ばして藺座布団    麻美
炎昼やハシビロコウも口あけて     林檎
振り向けば闇はそこまでキャンプの夜  栄子
暑中見舞潮の香まとひ来(きた)りけり ひより  
梅雨冷や名もなき路地のガラス展    香奈子
カーテンの開かれぬまゝ花火の夜    依子

どのような理由があってカーテンを閉めたままでいるのか。
外からは煌びやかな花火大会の音がする。
喜ぶ声、はじける音。
しかし、カーテンのこちら側はとてつもない静けさに包まれている。
そこには無表情な住人が息を潜めていそうだ。 (ひより)
テーブルに布巾干したる夜涼かな    林檎 
日焼子の手足によつきり突き出せる   あき子
手作りのびっくり箱や夏休       ゆかり

完成した工作のびっくり箱。
閉じては開ける度に明るい笑い声が弾ける。
夏らしい元気な一句。 (香奈子)
浮輪の子大きな波を待つてをり     あき子
怪我をして本に埋もれ夏休み      章子
塹壕の闇の深さや百合の花       志奈
冷房車降りて六腑の重みあり      林檎

真夏の暑さが堪える時、束の間の冷房車は天国さながら。
そこから降り立った時の感覚を「六腑の重みあり」とは、大変ユニークな表現。(依子)
花火果て月をよるべの家路かな     依子
裸の子胸板少したくましく       香奈子
タクシーに素通りさるる炎暑かな    志奈
昼ごはん何を作らう夏休        礼美
ロープウェイ夏の雲へと押し出さる   麻美

青く広がる大空に夏の雲が湧いている。
そこへ向かっていくかのようなロープウェイ。
大景を捕らえるとともに、押し出さるという措辞から力強さを感じます。(志奈)
おてんばの浴衣にままに逆上がり    紀子
水打ちて嫗は息をつきにけり      睡
流されてまた遡りあめんぼう      志奈

屋外のプールであめんぼうがいたのだろうか。
子供たちは遊んでいて気づかないのだろうが、
子供を連れてきた大人だからこその視点だと思う。(章子)
プラレールの青き円環夏休み      栄子

互選で人気のあった句です。
坂道はどれも港へ大夕焼        志奈
無表情に母の日傘を離れたり      麻美
講堂のホルン長調緑さす        香奈子
盆踊女の歩幅に前進す           紀子


次回は10月5日締切ですので、よろしくお願いいたします。

インターネット句会 | 23:25:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
選句結果送りました
インターネット句会に参加のみなさまには、選句結果をお送りしました。
届いていない方はお知らせください。

お知らせ | 23:23:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
句会(2018年8月)
8月の句会は、酷暑の中、熱心な面々が揃い、
夏らしい句が並びました。

参加者の一句
つりしのぶ世間を狭く暮らしをり   浩貴
食ふよりも掬ふが楽し冷索麺   玲子
夜濯の音の時折荒荒し   千晴
缶ビール指先で口紅を拭き   林檎
白桃の産毛もろとも剝きにけり  実代
舞台の子写す手のひら汗ばみぬ  志帆
友達とイヤリングして夏休   礼美
炎帝の鉄路ゆがませをりにけり  紀子
触れやうとすれば桃の毛光りけり  徳将
夏館アールグレイの香りたる  優美子
夏燕走つて走つて追ひつけず   あき子
盆踊転校生の手を引いて   ひより
遅参して枝豆すでに皮ばかり  真理子


来月は 9月8日(土)14時~ 
     豊島区男女平等センターエポック10 第1研修室
 です。

句会 | 10:01:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
清記送りました
インターネット句会に参加のみなさまには、清記を送りました。
届いていない方はお知らせくださいませ。

お知らせ | 09:23:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad