FC2ブログ
 
■プロフィール

パラソル句会

Author:パラソル句会
パラソル句会は、50歳までを対象とした若い世代の句会です。指導は西村和子先生から井出野浩貴さんに引き継がれましたが、変わらず毎月第2土曜日の午後に池袋近辺の会場で句会をしています。また、偶数月はインターネット句会を楽しんでいます。お気軽にお問合せください。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■問合せフォーム

お問合せはここからお願いいたします。また、ご感想などがありましたら、是非お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

合同句集『海へ』リレー鑑賞(34) 森山栄子の句から
3月19日に出版した合同句集『海へ』には、36名が20句ずつ寄せていますので、
リレー形式で仲間の1句を紹介しています。
今回は森山栄子さんの句を松枝真理子が鑑賞しました。

初燕ターミナル駅動き出す  栄子

「ターミナル駅」が「動き出す」と表現しているが、もちろん駅が動くわけではない。
初燕が見られる時期は4月ごろであるから、入学、進級、就職また人事異動のシーズンと重なる。
駅を行き交う人々に変化が生じるのだ。
そのような状況を「動き出す」と表現したのが眼目である。

詠まれているのがローカル線の駅なら、読み手の想像する場面はある程度限られてくるだろう。
しかし都会のターミナル駅である。どんな光景かは一概には言えない。
読み手が各々にひきつけて味わえるところも、この句の魅力である。

また、初燕の生命力と躍動感あふれるイメージからは、
人々が新しい世界へ、そして未来へ歩み出すという印象を受ける。
前述した飛来の時期ともリンクして、季語が効果的に働いている。(松枝真理子)

次回は山﨑茉莉花さんの句を森山栄子さんが鑑賞します。
スポンサーサイト





リレー鑑賞 | 22:25:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する