FC2ブログ
 
■プロフィール

パラソル句会

Author:パラソル句会
パラソル句会は、50歳までを対象とした若い世代の句会です。指導は西村和子先生から井出野浩貴さんに引き継がれましたが、変わらず毎月第2土曜日の午後に池袋近辺の会場で句会をしています。また、偶数月はインターネット句会を楽しんでいます。お気軽にお問合せください。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■問合せフォーム

お問合せはここからお願いいたします。また、ご感想などがありましたら、是非お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

合同句集『海へ』リレー鑑賞(30) 林奈津子の句から
3月19日に出版した合同句集『海へ』には、36名が20句ずつ寄せていますので、
リレー形式で仲間の1句を紹介しています。
今回は林奈津子さんの句を塙千晴さんが鑑賞しました。

ふらここや我ひとりきりひとりきり  奈津子

この句を読んだとき、どこか遠くの空の中にいるような感覚になった。
無駄な言葉がすべてそぎ落とされたシンプルな十七音から広がる限りない空間。
その空の中でふらここを漕いでいる自分。
前に漕いでも後ろに漕いでも、周りにはただ空が広がるだけ。

ふらここという季語が、柔らかで、でも少し物寂しい空間を想像させる。
その中に自分自身がポツンといる。
それは言いようのない孤独感を存分に表現する。

そしてこの句の魅力は、音で聞いても文字で読んでもそのような感覚を呼び起こすことにもある。
「ぶらんこ」でも「鞦韆」でもなく「ふらここ」。
その音と「ひとりきりひとりきり」という音が響き合う。
「ひとりきり」をリフレインすることで、ふらここが揺れる様とどこまでもひとりであるという心情も感じられる。
文字で読めば、「我」という漢字が優しい平仮名に挟まれ、そのことが反って強い孤独感を訴えてくる。

作者とは数度お会いしたことがあるだけだが、物静かで、そして芯の強い女性、という印象。
この句に表現された「孤独感」も、結局は人はひとりであるという寂しさの中に、どこか、それを心地よく感じているような作者の芯の強さを感じた。(塙千晴)

次回は藤田銀子さんの句を林奈津子さんが鑑賞します。

スポンサーサイト





リレー鑑賞 | 20:13:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する