FC2ブログ
 
■プロフィール

パラソル句会

Author:パラソル句会
パラソル句会は、50歳までを対象とした若い世代の句会です。指導は西村和子先生から井出野浩貴さんに引き継がれましたが、変わらず毎月第2土曜日の午後に池袋近辺の会場で句会をしています。また、偶数月はインターネット句会を楽しんでいます。お気軽にお問合せください。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■問合せフォーム

お問合せはここからお願いいたします。また、ご感想などがありましたら、是非お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

第43回インターネット句会特選句について
今回の鑑賞は、吉田林檎さんが書いてくださいました。

制服の並ぶ店先桜草         礼美
入学が決まり、制服を発注する店へ。
いつも前を通っているのに気が付かなかった場所だったり、
普段は入らないような路地にあったり、街の喧騒と住宅街の中間でよく見る店だ。
様々な中学・高校の制服の見本が並ぶ店の前には桜草。
店主の程よい心の余裕が桜草という選択に現れている。
入学を控えた喜びが桜草という身近な季語と響きあった等身大の一句。

曲芸師時折とちり花の昼       真理子
庭園でたまに見かける曲芸師。
散策や吟行の際に出会えると得した気分になる。
曲芸だからお喋りがメインではないものの、
たまにとちると観客としてはちょっと心配になり、
応援してあげたい気分になるものだ。ましてや作者は花見帰り。
あるいは曲芸師の背景に桜が舞っているのかもしれない。
「花の昼」という季語が応援してあげたい気持ちを増幅させている。

初燕ターミナル駅動き出す      栄子
線路を飛び交う初燕。
駅舎に巣があるのかもしれない。
初燕を見かけると、何かが動き出すという感慨が沸くものだ。
作者はそれにターミナル駅が始動するイメージを重ねた。
まるで燕がやってきたから駅が動き出すかのようだ。
朝のラッシュアワーも燕が来たからなのだと考えれば楽しむことが出来そうだ。
「初燕」という季語によって無機物の電車が前向きな意志を持ったものに変わった。

一陣の風に崩るる花筏        志奈
ゆっくりと川を流れていく花筏。
ひとつの形をなしていたものが、一陣の風によって崩れた。
日本人が持つ「花」への思い入れが
これをただの自然現象ではないものに昇華させている。
一年間待ち焦がれた開花、散っていくさまも愛でて、
花筏は桜の花びらを愛でる最終形である。
その花筏まで崩れて、作者は心乱れたのだ。
「崩るる」の「るる」の響きがその情景を描いているようでもある。

被災地と呼ばれ七年下萌ゆる     志奈
東日本大震災から7年。
恥ずかしながら「被災地」と呼ばれる側のことをあまり考えたことがなかった。
この句ではそれを良いとも悪いとも言っていない。
「下萌」は春の到来を実感させる季語なので、前向きにとらえていると考えたい。
いつまで被災地と呼ばれるのか。
忘れてはならないことだが、春はもう7回訪れた。
まだ整理のつかない気持ちも下萌の情緒に通じるものがある。
スポンサーサイト


インターネット句会特選句鑑賞 | 22:04:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad