■プロフィール

パラソル句会

Author:パラソル句会
パラソル句会は、50歳までを対象とした若い世代の句会です。指導は西村和子先生から井出野浩貴さんに引き継がれましたが、変わらず毎月第2土曜日の午後に池袋近辺の会場で句会をしています。また、偶数月はインターネット句会を楽しんでいます。お気軽にお問合せください。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■問合せフォーム

お問合せはここからお願いいたします。また、ご感想などがありましたら、是非お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

松枝真理子句集『薔薇の芽』を読む⑤
松枝真理子句集『薔薇の芽』について、津野利行さんが10句選び、その中の1句に鑑賞を書いてくださいました。
どうもありがとうございました。


松枝真理子さん、句集「薔薇の芽」をありがとうございました。
下記に特に好きな句を10句を挙げさせていただきます。
ドアマンの帽子に肩に落花かな    真理子
父と子の夜のひととき夏の星       〃
細心にかつ大胆に西瓜切る        〃
梯子降りまた眺めては松手入       〃
香水瓶飾るや夫の知らぬ恋        〃
バルコンに出て女王の気分なる      〃
父からと一言添へて新茶汲む        〃
髪洗ふ生真面目にしか生きられず     〃
さんま焼く家庭円満何が不満        〃

どの辺に開く一発目の花火    真理子

私が人生初めて入った句会、出た句会が「パラソル句会」。本当に何もわからず、何も知らずの状況から約6年間お世話になりましたが、その世話役をしていたのが真理子さん。何となくではあるがそれでも6年間接点があればうっすらと人となりが見えてくるものであるが、句集を詠ませてもらって想像通りであり、かつふ~んと思わせてくれるような一面も見させてもらっておもしろかったです。
 お子さんを詠まれた句がそれも素晴らしいですが、あえて10句からはずし、なるべくそこから離れた真理子さんにクローズアップさせてもらった。この句花火を待っている時を詠んだ句ですが、臨場感ありますよね。広い空間全体が見えてくる。「一発目」という言い方の思い切りの良さ、句またがりのリズム感の良さ、真理子さんの思い切りの良さが存分に表されているように思いました。その思いきりの良さが持っているものなのか、あるいは憧れから来ているものなのか、それはご本人にしかわからないところではありますが。
津野利行
スポンサーサイト


松枝真理子句集『薔薇の芽』 | 22:43:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad