■プロフィール

パラソル句会

Author:パラソル句会
パラソル句会は、50歳までを対象とした若い世代の句会です。指導は西村和子先生から井出野浩貴さんに引き継がれましたが、変わらず毎月第2土曜日の午後に池袋近辺の会場で句会をしています。また、偶数月はインターネット句会を楽しんでいます。お気軽にお問合せください。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■問合せフォーム

お問合せはここからお願いいたします。また、ご感想などがありましたら、是非お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

松枝真理子句集『薔薇の芽』を読む③
松枝真理子句集『薔薇の芽』について、志磨泉さんが10句選んでくださいました。

インターホン画面すれすれ夏帽子   真理子
マフラーを無理矢理巻いて送り出し   〃
キャンプより帰りてもまだ歌ひをり    〃
みんみんのみに濁点のついてをり    〃
その番組見せる見せない秋の宵     〃
肯定も否定もせぬ子五月闇        〃
コスモスや病さらりと告げられて     〃
落葉踏む今ならわかりあへること    〃
おでん酒年を取るのも悪くなし      〃
忘れ物あへて届けず秋うらら       〃 

誰しも経験したことのある場面ではないだろうか。同世代である私にひきつけてみると、子供の忘れ物が思い浮かぶ。「いってらっしゃい」と送り出し、やれやれと一段落。ところが、食卓あるいは玄関に忘れ物が・・。忘れ物をして泣きべそをかくような年齢ではなく、中学生位ではないだろうか。一見、子供を突き放した行動にみえるがそうではない、季語が「秋うらら」だからだ。深刻な影響をもたらす忘れ物でないこともわかる。少々困ることによって本人の自覚を促したいという親心だ。そして、学校や友達に慣れてきた秋という時期だからこそ、子供自身で何とかできるであろうと親も思える。子供の失敗に一喜一憂しない子育てのその姿勢に、読者の私も爽やかな風を感じた。

ありがとうございました。

スポンサーサイト


松枝真理子句集『薔薇の芽』 | 23:34:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad