■プロフィール

パラソル句会

Author:パラソル句会
パラソル句会は、50歳までを対象とした若い世代の句会です。指導は西村和子先生から井出野浩貴さんに引き継がれましたが、変わらず毎月第2土曜日の午後に池袋近辺の会場で句会をしています。また、偶数月はインターネット句会を楽しんでいます。お気軽にお問合せください。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■問合せフォーム

お問合せはここからお願いいたします。また、ご感想などがありましたら、是非お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

第37回インターネット句会特選句について
4月のインターネット句会の特選句について、鏡味味千代さんが鑑賞を寄せてくださいました。

一斉に顔をめがけてしやぼん玉    麗加
まるで顔に全部が飛んできたように思えるくらいの沢山のシャボン玉を吹いたのだろうか。
きゃーきゃーとはしゃぐ子供達の声まで聞こえそうな句。

もじもじの隣あたふた新入生     紀子
小学校の入学式の様子だろうか。初めての学校、初めての友達、初めての教室。
不安もいっぱいだけれど、ワクワクも感じる。
「もじもじ」と「あたふた」と、擬音を上手く使った一句。

花冷や草の匂ひの粉薬        泉
なんだか魔女の妙薬のような粉薬。
花冷の季語とあいまって、ファンタジーのような世界が広がる。

蕗味噌や厨に近き母の椅子      栄子
お母さんは忙しい。
ご飯の時でさえ、お代わりに立ったり、温めていたおかずを取りに行ったり、子供がこぼした物を拭いたりと、ゆっくり食べる暇もない。
だから台所に一番近い所がお母さんの席だ。
これは日本だけではないようで、フランスでホームステイをした折、フランスのホストマザーの席も厨に近い席だった。
フランスでは家庭の食事もコースで出るので、お母さんはやはり大忙し。
そしてそのことが、異国での食卓についた私を少しほっとさせた。

花衣脱げはさらさらみづの音     明日香
おめかしの着物。上質な絹の、少し冷やっとする肌触りを、まるで手に取るように感じる。
音で触感まで表現しているのが上手だな、と思った。
また花衣を纏った浮き立つ気持ちと、でもやはり脱いだ時のホッとする感じ。
そんなことも感じる句。


スポンサーサイト


インターネット句会 | 20:29:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad