FC2ブログ
 
■プロフィール

パラソル句会

Author:パラソル句会
パラソル句会は、50歳までを対象とした若い世代の句会です。指導は西村和子先生から井出野浩貴さんに引き継がれましたが、変わらず毎月第2土曜日の午後に池袋近辺の会場で句会をしています。また、偶数月はインターネット句会を楽しんでいます。お気軽にお問合せください。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■問合せフォーム

お問合せはここからお願いいたします。また、ご感想などがありましたら、是非お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

第53回インターネット句会特選句を読む
先日のインターネット句会の特選句について、
鏡味味千代さんが鑑賞を書いてくださいました。

いつの間に池の真中へ鴨の陣     真理子
池の鳥を見ていると、全く変わっていない景色と思いつ、気づかぬうちに全く変わっていることがある。
池にたむろしていた鴨も、何もしていないと思いつつ、池の下で足を動かしていたのか。
気づくと真中へ陣取っていたのである。

着膨れて貰ふサプリの試供品     実可子 
体を冷やさぬように。常に健康へ気を配っているのだろうか。
思わず差し出されたサプリの試供品も貰ってしまう。
映像が目に浮かぶ句。

臘月のテールランプの流れゆく     千穂
帰省だろうか。流れ行くというのだから、勢いよく走っている訳ではない。
長く続く車の列が過ぎていく。
年の瀬を思わせる一句。

鴨遠慮がち都鳥図々し          真理子
鴨は人を避けて逃げていく。
反対に都鳥は人を脅かすような振りをすることも。
しかし、都鳥を図々しくさせてのは、変に餌をやったりした人災かも。
鳥を人に似せて表現した興味深い句。

目を伏せてゆつくり蜜柑剥きにけり   麻美
子供だったら、皮はすぐに剥いてしまうだろう。
目を伏せる、ゆっくり剥く。
その二つの動詞で、年齢層や人柄を伺わせる。


スポンサーサイト



インターネット句会特選句鑑賞 | 20:05:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ