FC2ブログ
 
■プロフィール

パラソル句会

Author:パラソル句会
パラソル句会は、50歳までを対象とした若い世代の句会です。指導は西村和子先生から井出野浩貴さんに引き継がれましたが、変わらず毎月第2土曜日の午後に池袋近辺の会場で句会をしています。また、偶数月はインターネット句会を楽しんでいます。お気軽にお問合せください。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■問合せフォーム

お問合せはここからお願いいたします。また、ご感想などがありましたら、是非お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

合同句集『海へ』リレー鑑賞(23) 津野利行の句から
3月19日に出版した合同句集『海へ』には、36名が20句ずつ寄せていますので、
リレー形式で仲間の1句を紹介しています。
今回は津野利行さんの句を田中優美子さんが鑑賞しました。

人の目を避けて西日を避けてキス  利行

刺激的で印象的な一句だ。
この句が、一読して目を離せない作品に仕上がっているのには、次の3つの要素が絡んでいるからではないかと私なりに解釈した。

1つは、言うまでもなく描かれている光景の鮮烈さである。
まるで映画のワンシーンのような、読んでいるこちらが照れ臭くなってしまうような場面。
焼けるような西日も、その場にいるようなリアルな熱感を持って迫ってくる。

2つ目は、表現の妙。
「避けて」の繰り返しにより、逆にスポットは二人だけに絞られ、風景の中から浮き上がって見えるような印象を受ける。
また、破調の響きによって、衝動に近い感情の奔流と、照りつける西日の熱と光が読者の心に流れ込んでくるのである。

そして3つ目は、作者の視点を意識することによる面白さである。
句の中の二人は、「避けて」とは言いながら、人の目も、焼けつく西日も、決して避けきれていないことは分かっている。
それが分かっていても、自らの感情に任せることが今は大事なのだ。
そんな衝動や情熱と、目撃者である作者のどこか冷静な目。そこに可笑しみがある。
だが、さらに、こんな句が詠めるのは、鋭い洞察力を持つ作者の内にも、情熱的な一面が潜んでいるからかも、とまで考えるのは邪推だろうか。

いずれにしても、一度目にすれば忘れられない、インパクトを持った一句である。(田中優美子)

次回は、永岡ひよりさんの句を津野利行さんが鑑賞します。

スポンサーサイト



リレー鑑賞 | 21:49:00 | トラックバック(0) | コメント(1)
次のページ