■プロフィール

パラソル句会

Author:パラソル句会
パラソル句会は、50歳までを対象とした若い世代の句会です。指導は西村和子先生から井出野浩貴さんに引き継がれましたが、変わらず毎月第2土曜日の午後に池袋近辺の会場で句会をしています。また、偶数月はインターネット句会を楽しんでいます。お気軽にお問合せください。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■問合せフォーム

お問合せはここからお願いいたします。また、ご感想などがありましたら、是非お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

第42回インターネット句会特選句について
第42回インターネット句会の特選句について
巫依子さんが鑑賞を書いてくださいました。

続々と離陸着陸旅始    麗加
新年になって初めて出る旅を、飛行場に過ごす作者。
続々と離陸着陸する飛行機を眺めるも、
そこにはまた、作者だけではなく様々な人の旅の交錯があり…
そうした景が、作者自身の新年最初の旅というものへの感慨をより深めてくれたことであろう。

ふらここを漕げば漕ぎ方思ひだす   麗加
大人になると、ブランコを漕ぐことも
日頃はすっかり遠のいてしまうもの。
しかして、ひとたび漕ぎ出せば、身体には
子供の頃に身についた感覚がしっかり宿っているのだから不思議。

一瞬の黙雪女郎過りたり   林檎
人と人が話をしていて、ふとした瞬間に、
一瞬の沈黙が生まれることがある。
その一瞬の沈黙の瞬間の冷え冷えとした感じを、
雪女郎が過った瞬間と捉えたユニークさ。

着ぶくれて取り出す古文単語帳  真理子
古の言葉を学ぶも、着ぶくれるまでに
重ね着のゆるされている暮らしぶりにあるのが現代人。
試験迫る学生のリアリティー。

的を射ぬ電話相談春寒し  ゆかり
人が誰かに相談を持ちかける時、相談と云いながらも…
相手にただ共感を欲しているだけだったりで、
答えが出ないままに堂々巡りすることが往々にしてある。
が、しかし、時に的を射た答えを返されることで、
すとんと憑き物が落ちたようにスッキリすることがある。
そんな相談者本人も意表を突かれたような感じを、
「春寒し」という季語により語らせているのは巧み。


スポンサーサイト
インターネット句会 | 09:28:51 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad