FC2ブログ
 
■プロフィール

パラソル句会

Author:パラソル句会
パラソル句会は、50歳までを対象とした若い世代の句会です。指導は西村和子先生から井出野浩貴さんに引き継がれましたが、変わらず毎月第2土曜日の午後に池袋近辺の会場で句会をしています。また、偶数月はインターネット句会を楽しんでいます。お気軽にお問合せください。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■問合せフォーム

お問合せはここからお願いいたします。また、ご感想などがありましたら、是非お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

第43回インターネット句会(2018年4月)
4月のインターネット句会の結果です。
今回は15名参加、投句は139句でした。

井出野浩貴選
特選句

制服の並ぶ店先桜草         礼美
曲芸師時折とちり花の昼       真理子
初燕ターミナル駅動き出す      栄子
一陣の風に崩るる花筏        志奈
被災地と呼ばれ七年下萌ゆる     志奈
入選句
カメラマン集ひし駅舎山笑ふ     味千代  
薔薇の芽のすでに高みを目指しをり  林檎     
行春や航海灯の点りそむ       依子
花吹雪みどりごも空仰ぎたる     礼美    
チューリップこれは大人の話です   林檎 
これよりは都を離れ花筏       紀子

草の河川敷で咲きに咲いた桜。
散った後は花びらが1つになって海を目指す。
そんな光景が浮かびました。
「これよりは」という言葉に、満開になった桜の誇りを感じます。(味千代)
ロッカーのずらり口開け春休み    麻美
進級していく生徒らの使っていたロッカー。
中身が取り払われて、かなり綺麗に掃除までされているよう。
それはまるで、溜まった物を吐出したようなスッキリ感。
とても的確に状況を捉えている句だと思います。(ひより)
この世界素晴らしと春宵のジャズ   栄子
春の宵ハチ公口に人溢れ       栄子
万愚節男の子も美白化粧水      紀子
出番待つ稚児の欠伸や花祭      志奈
揃へたる靴にも入る落花かな     礼美 
俳号で呼び合ふ宴四月馬鹿      林檎

たしかにこの句会だって嘘でできている! 
俳号で呼び合ふ宴、心あたりがあります(睡)
いつもとは違ふシャンプー春の宵   睡
制服に背骨あるかに新入生      麻美
ピン留めを栞代わりに春の昼     あき子 

ピン留めを栞の代わりに本に挟む。
その何気ない動作が春の昼という感じです。(ゆかり)
花曇橋から橋へ江戸巡り       味千代
荷物番桜吹雪を浴びにけり      礼美   
春の波そつと靴先洗ひをり      ひより
廃屋や瓦の隙の草若し        ゆかり
妖怪も立ち交じりたる花見かな    真理子
花の屑払ひてリユツク背負ひけり   礼美

桜の花びらをはらう、という何気ない動作を詠んだところに惹かれた。
焦点の絞り方が巧みで、読み手の想像をかき立てる。(麗加)
ビー玉のひと粒の泡春浅し      香奈子 
互選で人気のあった句をご紹介します。
掃き終へて春待つ庭となりにけり  麗加
公園で遊ぶ約束して卒園       あき子


次回の締切は6月5日ですので、
どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
インターネット句会 | 10:01:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad