■プロフィール

パラソル句会

Author:パラソル句会
パラソル句会は、50歳までを対象とした若い世代の句会です。指導は西村和子先生から井出野浩貴さんに引き継がれましたが、変わらず毎月第2土曜日の午後に池袋近辺の会場で句会をしています。また、偶数月はインターネット句会を楽しんでいます。お気軽にお問合せください。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■問合せフォーム

お問合せはここからお願いいたします。また、ご感想などがありましたら、是非お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

第11回インターネット句会(2012年11月)
インターネット句会の結果です。
今回の参加は25人。218句の投句がありました。

西村和子選
特選句

カフエも秋ジヤズの音量心地よく    泉 
残暑の頃にも流れていた曲だ。あの時はうるさく聞こえたのに。ちょっと暑苦しかったし。でも今は、このカフェにこの曲はうってつけ。ねえマスター、ボリューム下げた?いつもと同じ?そう、でも今日はちょうどいいですね。あ、失礼、いつもも悪くはないです。今日はカフェ日和、ジャズ日和。(銀子)
生命の不思議思へば木の実落つ     麻由美
鳥渡る弔問叶ふことのなく       泉
林檎剥くあと一言の云へなくて     泉
膝小僧乾きて白し冬近し         真理

観察眼の鋭い句だなと思いました。膝小僧って冬に白っぽくなりますよね。(綾奈)

入選句
赤い羽根付けて訪問販売員       美星
秋澄むや山を語りて乗り過ごし     千晴

山が好きな方なのでしょう。話がのって、楽しくて楽しくて止まらなくて、あああ過ぎちゃった。想像できて楽しい景でした。(紀子)
秋彼岸猫背代々受け継がれ       利行
爽やかや一斉に挙ぐ審判旗       美星
秋夕焼励まし合ひて別れけり      みわ子

楽しかった会話から少しずつ本音、弱音、悩みが出てきて、聞けば似たような悩みであったり、人が聞けば小さく思えるようなことかもしれない。「そうね。私もよ。そんなことないわ。」そんな一言に少しずつ心が安らいでいく。今日会ってお話してよかった、明日からまた頑張ろう、元気が湧いて来て、心も足取りも軽く帰っていくのが見えてきます。(佳世子)
欲しきもの少なくなりぬ暮れの秋    麻由美
パソコンと少年ジャンプ燈火親し    真理子
かくまでに愛を乞ふとはちちろ虫    きあら
長風呂は父親譲り冬隣         綾奈
もう高く飛べぬ羽もて秋の蝶      美星
小鳥来て魔女の名前を呼び交わす    久美子
温め酒今夜は愚痴を言ふまいと     千晴
其処は人佇ち止まる場所居待月     泉
隠し事見透かされをり秋の雨      千晴
夫と子のものに囲まれ秋暮るる     馨子
寝かしつけホラー映画を見る夜長    美星
体操服今日もまた干す鵙日和      銀子
木犀の香へシャツを干すシーツ干す   林檎

たくさんの洗濯物を一気に干す、しかも木犀の香る庭で。爽やかな空に向かって深呼吸したくなるような景が浮かびました。(美星)
菊供養出るに出られずなりにけり    利行
破蓮右靴下の見つからず        麻由美
船笛の聞こゆる窓辺鳥渡る       明美
鰯雲見上げて心からっぽに       久美子

人間関係のこと、子どもの将来のこと、いろいろな悩みがあって煮詰まっている。ふと空を見上げると鰯雲が広がっている。キレイ……。見ているうちに悩みもどこかへ消えて、ひととき鰯雲に見とれていた。鰯雲は、心を癒してくれる。(茉莉花)
十月の飛行機雲の滲みけり       桂子
空腹に泣く子足許秋刀魚焼く      佳世子
悉く不吉に聞こゆ雨の月        林檎
一本に二人掛かりの松手入       利行
秋蝶のぺらぺらの翅眩しみぬ      久美子
蜜柑剥く女同士で母同士        栄子
をさな児に我が名呼ばれて秋深む     馨子
前触れもなくぱらぱらと栗落つる    あき子
成長の自覚あるらし七五三       桂子
爽やかや先祖名も無き一漁師      麻由美

私がいるということはたくさんの先祖もいるということで、いずれわたしもその先祖の一人となるということ。今抱えている悩みや苦しみも、それどころか名前さえも忘れられ、「ご先祖様」の一人となる。この漁師だった先祖の一人はどんな人生を歩んだのだろう。たくさんの人のおかげで今のわたしが生きている。普段は忘れているそんなことを思い出しました。(馨子)
柿たわわ大つむりなる赤ん坊      麻由美
鴨の引く一直線の光かな        利行

ほんとうは鴨の航跡はV字型なのでしょうけれど、確かに鴨が水面に一直線の光をひいていたと思わせられます。湖なのか、池なのか、鴨の立てた波紋がそのまま線となって残るほど、水面は静かなのでしょう。豊かな静けさに満ちた句です。(きあら)
鹿の子の淋しげな眼に出会ひけり    あき子
海防論今も昔も鵙高音         泉


互選で人気のあった句です。
今日からは友を呼び捨て運動会     栄子
充電のロボット眠る文化の日      ゆかり
一枚のFAX届く夜寒かな       宏二
袴着や子の背に紋の大きかり      紀子
一問に百答あらむ芒かな        紅歳
風邪の子の遠くに鳴りし五時の鐘    あき子


今年のインターネット句会はこれが最後です。
来年も引き続きよろしくお願い申し上げます。

スポンサーサイト
インターネット句会 | 23:24:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad