FC2ブログ
 
■プロフィール

パラソル句会

Author:パラソル句会
パラソル句会は、50歳までを対象とした若い世代の句会です。指導は西村和子先生から井出野浩貴さんに引き継がれましたが、変わらず毎月第2土曜日の午後に池袋近辺の会場で句会をしています。また、偶数月はインターネット句会を楽しんでいます。お気軽にお問合せください。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■問合せフォーム

お問合せはここからお願いいたします。また、ご感想などがありましたら、是非お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

合同句集『海へ』リレー鑑賞(9) 帯谷麗加の句から
3月19日に出版した合同句集『海へ』には、36名が20句ずつ寄せていますので、
リレー形式で仲間の1句を紹介しています。
第9回は帯谷麗加さんの句を小澤佳世子さんが鑑賞しました。

エプロンの鬼も混りし追儺かな  麗加

追儺はもともと大晦日の夜に悪鬼を追い払うための儀式として行われた朝廷の年中行事。
社寺・民間に広まっていくうちに節分に行われるようになった。
エプロンとあるので、夕食の支度におわれている時間帯だろう。
始めはキッチンで静かに見守っているだけのつもりが、豆撒きの声や飛んで来る豆にあたるうちに自分も混ざりたくなってきた。
育児の日々の中で怒鳴って自ら鬼と自覚する瞬間もあるかもしれない。
双子の句もあるので、尚更日々地獄と感じることも多いと思う。
しかし、今は一緒に楽しむ乗りのよい母親の姿が前面に押し出されている。(小澤佳世子)

次回は鏡味味千代さんの句を帯谷麗加さんが鑑賞します。



スポンサーサイト
リレー鑑賞 | 22:13:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
句会(2019年6月)
6月の句会の報告です。
梅雨に入り、ぐずついたお天気が続きますが、
それも句材と思えば、気持ちも少し上向きます。

参加者の一句(含欠席投句)
もう犬は飼はじ紫陽花剪りにけり  浩貴
球弾む音のくぐもり迎へ梅雨  佳世子
病室のカーテン軽き五月かな  千晴
白墨の止めくつきりと梅雨に入る  千穂
梅雨晴の園庭に吾子探しけり  実可子
学会のポスター増えて学府夏  真理子
扇風機首振りきつてとまりけり  林檎
父詠みし俳句入力著莪の花  玲子
緑さす軽トラックのクレープ屋  あき子
いつの間に出来しほくろや水中花  哲二
夏帽子ひしめきあへるすべり台  礼美
転職の友と一献梅雨の月  優美子


次回は7月13日(土) 13時30分~
豊島区男女平等センター・エポック10 研修室1
 です。

みなさんの参加をお待ちしています。


句会 | 12:29:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
清記送りました
インターネット句会に参加のみなさまには、清記を送りました。
何かお気づきの点がありましたら、お知らせください。
選句の締切は6月15日ですので、よろしくお願いいたします。

お知らせ | 14:33:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
合同句集『海へ』リレー鑑賞(8) 小澤佳世子の句から
3月19日に出版した合同句集『海へ』には、36名が20句ずつ寄せていますので、
リレー形式で仲間の1句を紹介しています。
第8回は小澤佳世子さんの句を大友紅歳さんが鑑賞しました。

吾子うららなんでなんでと繰り返し  佳世子

小澤さんの句は子供との関りがメインテーマだ。
嬉しい、喜び、楽しい、大変さ、頑張る、ほっとする、心配するなどなど、多種多様である
私は20句の中からこの句を選んだ。
その理由は無意識の中に子供の成長を感じたからである。
繰り返すという行為は上達を生む。この句の場合はなんでと聴き続ける。
昔風の父親ならば少しうるさいと思うかもしれない。
されど母親ならばどうか、吾子うららというくらいだから好ましいと思っているはずである。
上五の「吾子うらら」がこの句全体のトーンを高めている。
「なんで」と聴く幼き子の顔付きまで見えてきそうな微笑をくれる句である。(大友紅歳)

次回は帯谷麗加さんの句を小澤佳世子さんが鑑賞します。

リレー鑑賞 | 21:21:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
句会は8日(土)です
インターネット句会のお知らせをしたばかりですが、
句会もせまっております。

6月8日(土) 13時30分~
豊島区男女平等センター・エポック10 研修室2


欠席投句も受け付けています。

お知らせ | 21:27:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad