FC2ブログ
 
■プロフィール

パラソル句会

Author:パラソル句会
パラソル句会は、50歳までを対象とした若い世代の句会です。指導は西村和子先生から井出野浩貴さんに引き継がれましたが、変わらず毎月第2土曜日の午後に池袋近辺の会場で句会をしています。また、偶数月はインターネット句会を楽しんでいます。お気軽にお問合せください。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■問合せフォーム

お問合せはここからお願いいたします。また、ご感想などがありましたら、是非お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

合同句集『海へ』リレー鑑賞(2) 飯干ゆかりの句から
3月19日に刊行した合同句集『海へ』には、36名が20句ずつ寄せています。
リレー形式で仲間の1句を紹介しています。

第2回目は、飯干ゆかりさんの句を青木あき子さんが鑑賞しました。

青田風一年一組をぬけて  飯干ゆかり
飯干ゆかりさんの題「青田風」となっているこの句に注目した。
青田風とは、苗が伸び稲が生長して、まだ穂が出ない状態が青田であり、そこを吹き渡る風のことである。
句を声に出して詠むと、とても気持ちが良い。
心地よい青田風が吹き抜ける教室。
青田がすぐ近くにある学校。
風は一年一組の教室を抜けて、また広い青田へと戻ってゆく感じがする。
大きい景も見えてくる。「一年一組」としたのもシンプルで覚えやすい。
入学して間もなくの青々とした子どもたち。
青田は、やがて穂を出し、実りの季節を迎える。
生徒たちの実りもこれからである。(青木あき子)

次回は、磯貝由佳子さんの句を飯干ゆかりさんが鑑賞します。

スポンサーサイト
リレー鑑賞 | 22:26:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
句会(2019年4月)
4月の句会の報告です。
新年度が始まり、みなさん忙しいのか
欠席投句での参加が多数でした。

参加者の一句
山影の濃きころはひを桜散る  浩貴
フルネーム声高らかに新社員  千晴
宿題に手を出し過ぎか春の月  玲子
消えかかる木札の文字や鳥曇  佳世子
遠足や裾に潮の香まとひつつ  麻子
囀りに応へ囀り響きけり  あき子
プリーツをそっと直して入学す  千穂
花吹雪聴きたき声に会ひにきて  林檎
つちふるや踏み癖しるき靴踵  哲二
喪の家に水の音あり蝶の昼  徳将
天鵞絨の闇に包まれ夜半の春  優美子
前髪を何度も梳いて進級す  礼美
陽光溶けこみにけり土佐水木  真理子


次回は 5月11日(土) 13時30分~
豊島区男女平等センター・エポック10 研修室2
 です。

みなさんの参加をお待ちしています。

句会 | 11:37:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
合同句集『海へ』リレー鑑賞(1) 青木あき子の句から
3月19日に刊行した合同句集『海へ』には、36名が20句ずつ寄せています。
リレー形式で仲間の1句を鑑賞していきたいと思います。

第1回目は、青木あき子さんの句を吉田林檎さんが鑑賞しました。

夫と子を浜辺に残し泳ぎけり    青木あき子
子供は泳ぎ疲れて砂遊びに熱中し始めた。
夫からの「ちょっと泳いで来たら?」の声。
罪悪感を抱く必要は全くないのだが、そんな風に声をかけてもらえると「泳がせてもらっている」という心持になる。
そんな感情の動きが「残し」から読み取れる。海で泳ぐだけのことにも、夫と子がいるだけでこんなに感慨が沸くものなのだ。
気遣い合い、思い合う家族の情景。他の遊びではなく「泳ぎ」である点がその程よい距離感を描いている。(吉田林檎)

次回は青木あき子さんが飯干ゆかりさんの句を鑑賞します。

リレー鑑賞 | 22:05:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
清記送りました
インターネット句会に参加のみなさまには、清記を送りました。
届いていない方はお知らせください。
選句の締め切りは15日ですので、よろしくお願いいたします。

お知らせ | 08:28:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
句会は13日です
今月の句会は
4月13日(土) 13時30分~  
豊島区男女平等センター・エポック10 研修室2 
  です。

欠席投句の方もお忘れなく。

お知らせ | 18:24:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad