■プロフィール

パラソル句会

Author:パラソル句会
パラソル句会は、50歳までを対象とした若い世代の句会です。指導は西村和子先生から井出野浩貴さんに引き継がれましたが、変わらず毎月第2土曜日の午後に池袋近辺の会場で句会をしています。また、偶数月はインターネット句会を楽しんでいます。お気軽にお問合せください。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■問合せフォーム

お問合せはここからお願いいたします。また、ご感想などがありましたら、是非お寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

■最新トラックバック

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

松枝真理子句集『薔薇の芽』を読む③
松枝真理子句集『薔薇の芽』について、志磨泉さんが10句選んでくださいました。

インターホン画面すれすれ夏帽子   真理子
マフラーを無理矢理巻いて送り出し   〃
キャンプより帰りてもまだ歌ひをり    〃
みんみんのみに濁点のついてをり    〃
その番組見せる見せない秋の宵     〃
肯定も否定もせぬ子五月闇        〃
コスモスや病さらりと告げられて     〃
落葉踏む今ならわかりあへること    〃
おでん酒年を取るのも悪くなし      〃
忘れ物あへて届けず秋うらら       〃 

誰しも経験したことのある場面ではないだろうか。同世代である私にひきつけてみると、子供の忘れ物が思い浮かぶ。「いってらっしゃい」と送り出し、やれやれと一段落。ところが、食卓あるいは玄関に忘れ物が・・。忘れ物をして泣きべそをかくような年齢ではなく、中学生位ではないだろうか。一見、子供を突き放した行動にみえるがそうではない、季語が「秋うらら」だからだ。深刻な影響をもたらす忘れ物でないこともわかる。少々困ることによって本人の自覚を促したいという親心だ。そして、学校や友達に慣れてきた秋という時期だからこそ、子供自身で何とかできるであろうと親も思える。子供の失敗に一喜一憂しない子育てのその姿勢に、読者の私も爽やかな風を感じた。

ありがとうございました。



スポンサーサイト
松枝真理子句集『薔薇の芽』 | 23:34:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
句会(2017年5月)
5月の句会の報告です。
GWのことを詠んだ句や、時節柄すがすがしい季語の句が多かったです。

参加者の一句(含欠席投句)
植田いま四方のみどりに和しにけり    浩貴
子のことは祖父母に委ねこどもの日   佳世子
風音の喝采めいて夏立てり         林檎
ネモフィラの丘春天に続きけり      玲子
子の靴の泥んこ乾き夏来る         ひより
柏餅掴む手首のたくましく         礼美
薫風を味方にデュース制したる      紀子
葉桜やOL板についてきて         優美子
黄金週間アザラシに手を振り返す    ゆかり
吟行の行く手行く手に芽吹きたり     味千代
鯉幟口開け風を呼び込みぬ       あき子
背番号裏返しの子風薫る        真理子

  
次回は6月10日(土) 14時~
      エポック10 第1研修室 (池袋・としま産業プラザ3階) 
 です。
みなさんの参加をお待ちしています。

句会 | 22:29:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
「ラジオ深夜便」で紹介されます!
NHKラジオの「ラジオ深夜便」でパラソル句会が紹介されます。
西村和子先生が40分も語ってくださっているそうなので、
がんばって早起きして聞いてくださいね。

「ラジオ深夜便」 5月17日(水)4時~ NHK第一、NHKFM
http://www.nhk.or.jp/r1-blog/shinyabin/270330.html


お知らせ | 10:26:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
第37回インターネット句会特選句について
4月のインターネット句会の特選句について、鏡味味千代さんが鑑賞を寄せてくださいました。

一斉に顔をめがけてしやぼん玉    麗加
まるで顔に全部が飛んできたように思えるくらいの沢山のシャボン玉を吹いたのだろうか。
きゃーきゃーとはしゃぐ子供達の声まで聞こえそうな句。

もじもじの隣あたふた新入生     紀子
小学校の入学式の様子だろうか。初めての学校、初めての友達、初めての教室。
不安もいっぱいだけれど、ワクワクも感じる。
「もじもじ」と「あたふた」と、擬音を上手く使った一句。

花冷や草の匂ひの粉薬        泉
なんだか魔女の妙薬のような粉薬。
花冷の季語とあいまって、ファンタジーのような世界が広がる。

蕗味噌や厨に近き母の椅子      栄子
お母さんは忙しい。
ご飯の時でさえ、お代わりに立ったり、温めていたおかずを取りに行ったり、子供がこぼした物を拭いたりと、ゆっくり食べる暇もない。
だから台所に一番近い所がお母さんの席だ。
これは日本だけではないようで、フランスでホームステイをした折、フランスのホストマザーの席も厨に近い席だった。
フランスでは家庭の食事もコースで出るので、お母さんはやはり大忙し。
そしてそのことが、異国での食卓についた私を少しほっとさせた。

花衣脱げはさらさらみづの音     明日香
おめかしの着物。上質な絹の、少し冷やっとする肌触りを、まるで手に取るように感じる。
音で触感まで表現しているのが上手だな、と思った。
また花衣を纏った浮き立つ気持ちと、でもやはり脱いだ時のホッとする感じ。
そんなことも感じる句。




インターネット句会 | 20:29:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
次回の句会は13日です!
あっという間に連休も終わってしまいましたね。

次回の句会のお知らせです。
いつもと会場が違いますので、ご注意ください。
欠席投句の予定の方はお早目に!

5月13日(土)14時~ 
エポック10(豊島区男女平等推進センター)第1研修室
    豊島区西池袋2-37-4
    としま産業振興プラザIKE・Biz(旧豊島区勤労福祉会館) 3階

http://www.toshima-plaza.jp/




お知らせ | 21:24:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad